イマカツ ジャバロンハードショップ

イマカツ ジャバスティック

イマカツ ジャバスティクのシークレットテクニック

以前書いたイマカツのジャバスティクのテクニックは初心者でも十分に使いこなせるテクニックでした。今回はジャバスティクの思わぬ効果が作られてからわかったのです、このテクニックをもし身に付けることが出来たらもう怖いものなし、ライバルに大きく差を付けることが出来るでしょう。

イマカツジャバスティックでのシークレットテクニック!

イマカツジャバスティックの計算外の副産物だったのが4〜8インチ、特に5インチ(約14センチ)での水面直下直線高速引きです。
イマカツジャバスティックは全身左右から均等に水を掴む構造(PAT)の上、ジョイント部の板状の部分とフックがキールになるため、ほぼ完全に直線的に泳ぐ状態をキープします。

しかも早く巻けば巻くほど全身が真っ直ぐになりながら激しく超微振動し、その姿はまさに全力で逃げ回る小魚の必死のバイブレーションそのものにも見えるのでバスも全力で追いかけてきます。

これはジグヘッドでスイミングさせても同じです。イマカツジャバスティックの凄いところは、普通に巻けばウネウネと泳ぎ、高速に巻けば真っ直ぐ、さも痙攣しているかのような超微振動にシフトし、回転しない所にあります。

イマカツジャバスティックは高速になればなるほど、痙攣するように激しく震えながら真っ直ぐ一直線を維持し、真ん中の板状の部分が水の流れを左右均等に整流する効果があります。逆にゆっくりだとまさに小魚の無警戒に泳ぐ姿そっくりです。 イマカツジャバスティックは上下左右がないラウンドボディーです。滑らかさを武器に色々な動きで、魚を惑わし、ヒット率を極限まで高めます。最高の逸品をシークレットテクニックで楽しんでみてはいかがでしょう。


どうでしょうか、イマカツのジャバスティクはゆっくり泳がすように使ってもいいし、早くリグを動かして小魚があわてて逃げているように使うことも出来ます。
このテクニックがあればワンランク上のバスフィッシングが楽しめる事は間違いなしです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9241901
この記事へのトラックバック